チームファンタジスタとは

「遊ぶように働き、働くように遊ぶ」を社会の当たり前に。


team Fantasy-sta. / チームファンタジスタ は、某鉄道会社のグループ社員からなるチームです。


わたしたちは、個人の想いを起点に、公私の境界、組織の壁、あらゆる既存の枠組みを越えながら、自らのアイデアを実現することを「遊ぶように働き、働くように遊ぶ」と呼んでいます。


そして、その考え方は、社会に価値を創造しつづける人が共通でもっているものだと捉えています。


そこで、わたしたち自身が『Stationをはじめとする会社のリソースを生かして、Fantasyを実現する』ことを通して、『遊ぶように働き、働くように遊ぶ』という生き方を実践します。



team Fantasy-sta. / チームファンタジスタ



ー 生き方の話


”生きる”ということを分解してみます。

 「生きる = 食べる × 寝る × 遊ぶ × 働く」とします。

一般的な公私に分けるとこうなります。

 「生きる =(食べる × 寝る × 遊ぶ)× 働く」


しかし、私たちの価値観はこうです。

 「生きる = 食べる × 寝る ×(遊ぶ × 働く)」

それは、つまりこういうことです。こっちの方が楽しいと思います。

 「生きる = 食べる × 寝る ×(想い・アイデアを実現する)」


公私ともに、「想い・アイデアを実現しまくっている人」が周りにたくさんいると思うと、ワクワクしないでしょうか。


そんな個人が集まって、ワクワクしまくっているチームです。

ー やっていること


「社会」「会社」「個人」の3つの円が重なっているところを、プロジェクトとしてやります。

この円を意識するだけで、やりたいことがやれるようになります。

そして、「社会」「会社」「個人」にとって価値を創造することになります。

ただし、いきなり会社でやれるとは限りません。

そんな時は社外でもいいから、やれることからやってみればいいと思います。

アイデアの精度が上がったり、不足するリソースが見えてきたり、仮説検証になります。

何より実績になります。想いを見える化できます。

その結果、会社でやった方がよければ会社に提案すればいいし、社外でやった方がよければ社外でやればいいと思います。

どっちでやった方が社会的価値が大きくなるかを基準にして。


なので、わたしたちはみな、個人の想いを起点に自律して、やりたいことをやるべき場所でやります。


そんな自律した個人が集まったチームです。

ー ファンタジーファースト


わたしたちはもっと、欲しい未来、つくりたい未来を想像していいと思います。

ファンタジーから入っていいと思います。

ファンタジーがないと、想いに繋がらないと思うからです。

ファンタジーがないと、何も実現しないと思うからです。

そして、それを実現するために今、何をやるべきで、何をやりたいか語りましょう。


なので、わたしたちは個人のファンタジーを一番大切にしています。


そんなファンタジーファーストなチームです。